AMAN

ATIME

AWINE

人物像

ジャン・レオンの人物像、人生、ワインを知る。

ご存知ですか?

ワイナリー創始者であるジャン・レオンは、実名をセフェリーノ・カリオンと言いました。ビバリー・ヒルズで最も高級なレストランの1つを開業し、5人のアメリカ大統領がそこを訪れました。1981年には、レーガン大統領の就任式でジャン・レオンのワインが振舞われ、ジェームス・ディーンやマリリン・モンローといったハリウッドスターの信奉を集めたことでも有名です。 書籍やドキュメンタリーにも登場する、映画のようなジャン・レオンの人生をもっと詳細にご覧ください!

もっと読む


1928年

1941年

1947年

1948年

1949年

1950年

1951年

1953年

1955年

1956年

1962年

1963年

1967年

1968年

1971年

1973年

1981年

1991年

1993年

1994年

1996年
アンヘル・セフェリーノ・カリオン・マドラソは1929年4月28日サンタンデールに生まれる。
サンタンデールの街が大火災に遭い、家族でバルセロナに移住。
7月16日、3人の友人と共にフランスへ渡る。
フランスのバイヨンヌやボルドー、パリで、ウェイターや通訳など様々な職に就く。
アメリカ行きの船に密航者として乗り込み、ウェイターとして働く。
セフェリーノがジャン・レオンと改名したことについて何も知らない家族は、行方不明から12年後、ジャン・レオンは亡くなったものと理解した。
朝鮮戦争への米軍の徴兵に応じなかったこの年、偶然にも停戦となり兵役を免れる。
ハリウッドに戻り、タクシー運転手兼人気レストランのウェイターとして働く。
ジェームス・ディーンと厚い友情を築き、共にハリウッドで最高のレストランを開くことを約束。しかし、ディーンは二人の夢を実現する前に急逝。
レストラン「ラ・スカラ」を立ち上げるとまたたく間に人気を博し、ハリウッドで最も影響力のある有名人の社交場となる。
ジャン・レオンの2つ目の夢は「ラ・スカラ」の特別な顧客にふさわしいワインを造ることだった。カタルーニャ州のペネデス地方に最良の土地150ヘクタールを買収し、ワイン造りを始める。
純粋なシャトー・ド・ボルドー様式のジャン・レオン・ワイナリーを創業。
ブドウ畑「ヴィーニャ・ジジ」に、シャルドネの苗を初植樹。
ブドウ畑「ヴィーニャ・ル・アーヴル」に、苗を初植樹。
ビバリー・ヒルズのレストラン「ラ・スカラ」に「ヴィーニャ・ラ・スカラ」の初ヴィンテージ(1969年)の全ボトルを送る。
「ヴィーニャ・ジジ」の初ヴィンテージを発表。
レーガン大統領が、ホワイトハウスで催された大統領就任式典でジャン・レオンのワインを振るまう。
ブドウ畑「ヴィーニャ・パラウ」に、メルローの苗を初植樹。
権威ある雑誌「ワイン」でジャン・レオンのカベルネ・ソーヴィニヨンが、世界最高ワイン8本のうちの1本に選ばれる。
病に倒れたジャン・レオンは、ワイナリーの存続とその名声を託しトーレス家の傘下に入ることを決める
人生最後の日々を航海しながら過ごしたジャン・レオンは、1996年10月6日に永眠。

La Força d'un destí ("The Power of Destiny"), Martí Gironell's novel

Joan Baptista Carrión, the “American Uncle’s” Nephew