ヴィノ・デ・フィンカ

ジャン·レオンのワインはヴィノ・デ・フィンカと呼ばれている初めてのワインでした。(カタロニア語でヴィノ・デ・フィンカ)この原産地呼称は、カタロニア政府に許可され、そのワインは、この土壌、葡萄、この局地気象で人間の手によって生まれ、特にこのぶどう園で栽培され、収穫した葡萄のみで、ユニ-クで個性的で完全な表現を持っていることを保障します。

私たちのヴィノ・デ・フィンカ のワイン、「ラ・スカラ」 カベルネ·ソーヴィニヨン グラン·レセルバ、「ル・アーブル」 カベルネ·ソーヴィニヨン リザーブ、「パーラオ」 メルロー、「ジジ」 シャルドネ。これらは、ペネデスの最初のワインで、カタロニア全域では、2番目にヴィノ デ フィンカ という尊称を得ました。

ジャン・レオン社が現在栽培を行っているブドウ畑の面積は65ヘクタールにのぼり、そのうち42ヘ クタールはシングル・ヴィンヤードの生産にあてられています。

ヴィノ デ フィンカ の特徴:

  • この葡萄は特定の局地気象と特定の領域から来ている。
  • このワイナリーでの製造と瓶詰めを行う。
  • 最も高い資格を原産地呼称制度に。(フィンカ自体が同じならば、ヴィノ デ フィンカは原産地呼称と同等)
  • 管理官か原産地呼称に同意を得て過程を文書化される。
  • その葡萄の木は、最低5年経っていること。
  • 判断基準の点数は厳しい試飲にて行う事。原産地呼称制度内の特定の委員会が存在すること。
  • ブドウ畑の収穫量は、原産地呼称より15%低い事。
  • 1キロ当たり650ミリリットルの最高の収穫量である事。
  • クリアンサは、たるで熟成させること。
  • 名門定評のある老舗ブランドであることの義務があります。